これだけはおさえておきたい名刺の内容

Square

名刺は会社や個人を宣伝するための情報媒体であり、渡した相手に記憶してもらってその後の関係を築いていくための大事なツールです。初対面であまり会話ができなかった相手や、人数が多い場で出会った相手でも、その場で名刺を交換しておくことで自分のビジネスの内容や人柄などをアピールすることができ、関心を持ってもらうきっかけになります。名刺がその役割を十分に果たすには、小さな紙の上というごく限られたスペースの中に、必要な情報を相手が理解しやすい形で漏らさず収めることが重要です。必要な情報とは、名刺として最低限記載しておくべき必須項目と、プラスアルファとして会社や個人をPRするための情報です。具体的な内容や記載する上でのポイントは以下のようになります。

どんな名刺にも書いておくべき必須項目

名刺の必須項目はその名刺を渡したのがどこの誰でどんな人なのかを表す情報です。具体的にはその名刺を渡す個人の氏名、法人名や会社名とその所在地、役職または肩書き、電話番号やメールアドレスなどの連絡先です。あるのであればロゴマークも入れておきます。記載する上でのポイントとしては、相手の立場に立って読みやすさを心がけることです。情報の重要度に応じて文字の大きさにメリハリをつけると、読み取りやすくなりますし全体が引き締まります。氏名や会社名などの名称は、読みにくい文字や変わった読み方の場合には振り仮名を振って相手が電話口で口にしやすいようにします。会社名や肩書、役職と行ったものも必ず正式名称で記載しますが、個人事業者なら具体的にどんな内容の仕事をしているのか分かるような書き方をします。例えばデザイナーなら服飾なのかwebなのか、服飾ならその中でも服・帽子・鞄などの詳細も分かるように書きます。住所や連絡先は会社なら代表所在地と代表番号で構いませんが、内線や仕事用メールアドレスなど本人に繋がりやすいものがあればできる限り書いておくと親切です。

自分を相手にPRするための情報も必要

必須項目に加えて、自分ならでは情報を併せて記載しておくことで相手の印象に残りやすく、渡してから日数がたっていても相手の目に留まりやすくなります。顔写真や似顔絵、過去のビジネスでの実績、ビジネス内容の紹介などをしておくとビジネスチャンスが広がります。さらに、仕事用のHPやSNSアカウントがあるならば、それも載せておくとインターネット経由で継続的な交流やPRが可能です。ただし、あまりにも情報過多になるとどれが重要な情報なのか分かりにくくなり、相手の目に触れても目を通してもらいにくくなります。文字は情報の重要度に応じて大きさにメリハリをつけると、読み取りやすくなりますし全体が引き締まります。また、目立ちたいからと言って度を超して個性的なものにしてしまうと、誠実さや信用を疑問視されかねません。名刺があくまでもビジネスツールであることを意識して、名刺としての基本的な体裁と格式を保ちつつオリジナリティを添えることがポイントです。