オリジナルの名刺を作ってビジネスチャンスにつなげましょう

Square

皆さんは自分の名刺をお持ちですか?会社勤めの方でも、役職や職業によっては必要としない場合も多いでしょう。また、会社のものであれば、ロゴや会社名、役職名などパターンが決まっており、プライベートなどでは使用する機会はありません。交友関係を広げたい方、ビジネスを探している方、起業を目指す方は、オリジナルの名刺を作ることで、それが、人との様々な縁を繋ぎ、コミュニケーションのきっかけとなり、思いもよらぬ出会いやビジネスチャンスが訪れることがあります。会社や仕事に関係なく、自分をアピールする1つのツールと言え、自己のブランディング化に最適です。唯一無二のオリジナル名刺を作るメリットや、製作の際のコツや気を付けるべきことなどを詳しくご紹介します。

オリジナル名刺はコミュニケーションのツール!

名刺という単語を調べてみると、小さな紙に、自分の名前や住所、電話番号、身分などを記載したものと書かれています。自分自身がどこに所属し、何をする人間なのかを相手に知らせる為の1つの方法で、ビジネスにおいては欠かせないアイテムです。組織のものとは別に、自分自身のオリジナル名刺を作る場合は、名前や連絡先などの必要事項の他に、自分のアピールポイントや商品、写真、ロゴなどを入れることで、相手が自分に興味を持ってくれる機会が訪れます。その際は、アピールしたい事を絞って、字数が多すぎないようにするのがポイントです。コミュニケーションのツールでありながら、ビジネスのチャンスになりますので、「目的」を明確にしましょう。また、制作の方法には大きく分けて2パターンあります。1つは、1からオリジナルで制作する方法と、決まったフォームを使うという方法です。

名刺はどのように作ればいいの?

名刺には、1からオリジナルで制作する方法とフォームを使うという2つの方法がありますが、どちらもそれぞれの良さがあります。フォトショップやイラストレーターなどが使いこなせる人は、自らデザインすることができますが、それ以外の方は、作成してくれる業者さんに頼んでみましょう。インターネットなどでロゴの作成からデザインまで請け負ってくれるところもありますが、電話やメールだけではイメージが伝わらない場合があります。素材などをあらかじめ用意するか、イメージに近い画像などを用意しておくとスムーズです。また、予め用意されたフォームを使う場合は、名前などの内容を印刷するだけですので、ネット発注後、数日で手元に届くでしょう。オーダーメイドに比べ、融通が利かない点もありますが、フォームのデザインは豊富にあり、コストも抑えることが出来ます。自分に合った方法で、オリジナルの名刺を作ってみましょう。思わぬビジネスチャンスや出会いに繋がるかもしれません。